what's art...?

ラクガキと跡部様生誕祭

月食でしたね

k-nakama:

スペイン、バルセロナにある、

サグラダ・ファミリア教会の完成が、

いよいよ見えてきた、とのことで、

今また注目を浴びる、

建築家、アントニ・ガウディですが

 

 

そんなガウディが設計した、はじめての住宅、

カサ・ビセンス

色彩豊かな、装飾タイルの、この家

ムデハル様式、なんて呼ばれる、

イスラム風の意匠に覆われています

 

 

 

 

当時、

フランスを中心に興った芸術運動「アール・ヌーヴォー」は、

その他の国々でも、同時多発的に興りました

 

 

ただ、

それぞれの国の地域性、歴史性によって、

少しずつ異なる様相を備えてはいましたが

 

 

ガウディがいた、

スペイン・カタルーニャ地方で興ったのが、

「モデルニスモ」

 

 

そこでは、

カタルーニャが、政治的にも経済的にも、

最も繁栄していたという中世に回帰しよう、

という傾向が見られました

 

 

ロマネスク様式やゴシック様式の復活

 

 

そして、

中世スペインに、イスラムが残したムデハル様式の再興

 

 

自らの根っこの部分の、主要な一部に、

イスラム風のスタイルを持っている、というのが、

スペイン独特、という感じがするのですが、

あの、天才ガウディも、やはり例外ではなかったようですね

 

 

その最初の住宅では、

イスラム風の装飾が、爆発しています

 

 

もっとも、この建築が、

タイル製造業者の別荘として建設された、ということが、

装飾タイルを多用した理由の一つでもあったようですが

 

 

後には、

求道者のような感じになり、

狂気の天才、といった雰囲気すら感じられる、あのガウディが、

そんな感じで、

建て主の事情を考慮して、デザインを決めていたのかもしれない、

というのもまた、

ちょっと可愛らしくて、可笑しい

 

 

 

 

もっとも、ガウディは、

この後、すぐに、

このイスラム風の、いわゆる、ムデハル様式から決別します

 

 

そして、

中世どころか、もっともっと過去

 

 

自然や生物の造形に見られる、太古の昔のようなところにまで、

歴史を遡るようにして、

自らの根っこを探求する旅を、続けていくことになります

 

 

そんな旅の、最初の一歩が、

このタイルの家です

最近水彩画まとめ
上のやつ2つはスキャンしたので上げ直し

ツッキーお誕生日おめでとうでした(=^ェ^=)

Twitterのフォロワーさん宛に描いたハイキュー!!の烏野1年ズと
最近のやった課題

cocoon-jp:

a f a s i a: Alejandro Aravena + ELEMENTAL

cross-connect:

Carol Carter  is a contemporary watercolor artist based out of St Louis, MO. She is such a prolific painter that it proved nearly impossible to select just seventeen images to feature out of the hundreds documented throughout her website. Her subject matter is incredibly varied, ranging from swimmers, nudes, flora and fauna, to interiors and landscapes of the Everglades and Italy. In spite of painting such a vast range of subject matter, her work remains consistent with her personal style; painting with an electric color palette, she saturates values of light and dark with a brilliant range of unpredictable color that often takes on the effect of solarization via

                                    :-)

k-nakama:

国立天文台…。

緑の多い、広々とした敷地内に、
それぞれの機能に特化した、
不思議なかたちの建築が点在していて、
とても面白い…。

天文台の中で、最も古いのは、
この「第一赤道儀室」という建築で、
1921年(大正10年)に出来たものだそうです…。

屋根の一部が開閉可能で、
さらに、
手動で屋根全体を回転させられる、という、
なかなかのハイテク建築…。

そして、
その二つの機能を使い、
太陽を追いかけて、
スケッチ観測していたのだそうです…。

ハンドルを回すと、
屋根全体が動くようになっていて、
少し回させてもらったのですが、
意外と軽く動くので、驚きました…。

現在では、
新しい太陽観測用望遠鏡が出来て、
自動観測が可能になったので、
この施設は現役を引退してしまったのだそうですが、
なんと、
1999年3月まで、使われていたのだそうです…。

1999年というと、
結構、最近ですよね…。

最先端の技術が必要になりそうな施設なのに、
大正時代と変わらない方式で、
ハンドルをぐるぐる回しながら、
太陽を追いかける、なんてことが、
つい最近まで行われていた、というのだから、
びっくりです…。

何かが、一度つくられてしまうと、
それは、私たちが思っている以上に、
長く生き残る場合があるようです…。

きちんと、丁寧なものをつくっておかないと、
後の誰かが、観ているかもしれません…。

http://knakama.seesaa.net/article/388077239.html

littlelimpstiff14u2:

by Nathan SpoorPosted on September 19, 2014

Kyle Thompson is a young photographer on the rise. He began shooting at age 19 in his hometown of Chicago, Illinois, and in the last couple years has amassed a substantial body of work that shows a surprisingly adept and concise voice for such a young artist. This work, just released in a book titled Somewhere Else is comprised mostly of self-portraits taken in various abandoned locations found while on a road trip traveling the country.

Thompson’s images go beyond the typical narrative, transporting viewers into a personal moment that exists only as a fleeting instant captured within his camera’s eye. By capturing these strange and beautiful, and often quite surreal moments, Thompson wishes to produce images with no beginning or end, a moment that lives on in a continual loop in and unchanging state. Join us as we get an exclusive interview with Kyle Thompson and a peek into his ephemeral world.

Hi-Fructose
Facebook
Tumblr